FC2ブログ

臨床工学技士blog

臨床工学技士である管理者が、知識の整理も兼ねてですが、主に臨床工学に関する情報をアップしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Electro Impedance Tomography


http://www.youtube.com/watch?v=3JhJaO-rhH8

皆さんEITを御存知でしょうか?

EITとはElectro Impedance Tomographyの略で、簡単に言いますと、胸部に電極をいっぱい貼り付ける事で、人工呼吸器を装着している患者さんの肺胞の状態がベッドサイドでReal timeに把握出来てしまう優れたtoolです

私は3年程前に都内の某大学病院の集中治療室でEITを患者さんに装着して臨床使用しているのを見学させて頂いた経緯があります

今までは肺胞が開いているのか閉じているのか...我々がベッドサイドでReal timeに知り得る手段は存在せず、この様な画期的なtoolは可能であればすべての人工呼吸器に搭載されていればいいのにな~というのが私の個人的な意見です

ですが、EITは非常に高額(...らしい)ですので、客観的に考えてどこの施設にも...という訳にはいかないでしょう

その施設に合っているのか合っていないのか...といった問題もあるでしょうし

いずれにせよ、今後数年あるいは十数年で人工呼吸療法は大きな変遷を迎えるかもしれませんね
スポンサーサイト
  1. 2012/01/10(火) 20:38:18|
  2. 人工呼吸療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Ventricular Safety Pacing | ホーム | PEEPによる虚脱肺胞の改善>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/01/14(土) 12:49:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/02/05(日) 10:42:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://victim305.blog.fc2.com/tb.php/50-cde03f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。