FC2ブログ

臨床工学技士blog

臨床工学技士である管理者が、知識の整理も兼ねてですが、主に臨床工学に関する情報をアップしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WPW症候群


蜀咏悄+12-01-09+13+58+46_convert_20120109140439

orthodromic(順行性) AVRTのAblation施行中に得られた12誘導心電図です

Catheter挿入中にPSVT(この時点ではAVNRTかAVRTかの鑑別は出来ていないので...)を認め、Vscanにて心房の早期補足現象(Reset)がありAVRTと診断した症例です

現在は様々な不整脈のAblation治療に携わっていますが、WPW症候群、学生時代は“WPW症候群=Δ波⇒PQ時間短縮、QRS時間延長”程度しか私は覚えていませんでした...

WPW症候群は時に頻拍を起こすことがあります

写真の4拍目までは洞調律(非発作時)です、Δ波は明瞭ですね

Catheter操作中に生じた期外収縮がきっかけとなり8拍目から頻拍発作が起きています

非発作時の心電図を見るとΔ波が明瞭なのに対し、発作時の心電図にはΔ波は認められません

これはなぜでしょうか?

まず非発作時のQRS波は“Kent束経由興奮とHis束経由興奮の融合波”となります

洞結節⇒心房⇒房室結節⇒心室経由の興奮と、洞結節⇒心房⇒副伝導路⇒心室経由の興奮が合わさっています

副伝導路経由の興奮は正常な刺激伝導系を経由していないので心室興奮に時間がかかり、これがΔ波を形成しWide-QRSとなります

それに対して発作時のQRS波は、His束経由興奮のみで形成される(orthodromic AVRTの場合)為、Δ波は認められずNarrow-QRSとなります

心房興奮⇒房室結節興奮⇒心室興奮⇒副伝導路
  └←---------------←┘

心室興奮はすべて房室結節を経由し、副伝導路を経由して心室が興奮することはありません

副伝導路は不応期を脱していないので伝わる事が出来ません...

この症例では誘発せずとも頻拍発作が起きていますが、通常は心房早期刺激に対して、Kent束と房室結節の両者が伝導している間はΔ波のManifestation(顕在化)が起こりますが、Kent束が不応期になると、房室結節のみを経由して興奮が心室に伝わるのでAV時間が延長しΔ波が消失して、PSVTが誘発されます

心房早期刺激⇒心房興奮⇒Kent不応期の為、房室結節経由で心室興奮(故にΔ波認められない)⇒Kent不応期脱してKent経由で心房興奮⇒...の繰り返しがorthodromic AVRTとなります
スポンサーサイト
  1. 2012/01/09(月) 15:32:27|
  2. EPS、RFCA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PEEPによる虚脱肺胞の改善 | ホーム | 長岡花火>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://victim305.blog.fc2.com/tb.php/47-f4181de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。