FC2ブログ

臨床工学技士blog

臨床工学技士である管理者が、知識の整理も兼ねてですが、主に臨床工学に関する情報をアップしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心房細動アブレーション






心房細動に対するCatheter Ablationは近年急速にその実施施設が増加してきています

当院でも数年前から積極的に心房細動に対するCatheter Ablationを実施しています

当院は約160~180件/年のCatheter Ablationを実施していますが、その半数を心房細動が占めており、ここ最近は慢性・持続性心房細動の占める割合が増加してきています

心房細動Ablationは長期戦です、初回治療(1st Session)が約3時間(他施設に比べると当院はかなり早いです)かかります

1st Sessionで発作性の場合は1時間30分で終えた事もありますし、逆に慢性や持続性の場合は3時間以上かかる事もありCase by Caseです

最も再発で2nd Sessionとかだと早ければ1時間以内(40分で終わる事も...)で終わってしまいます

日によっては心房細動Ablationが4件...という事もあります

もちろんすべて新規ではなく再発の場合も多いのですが...

心房細動Ablationは、他の不整脈のAblationと比較すると、マニアックな世界でどうしても知識よりも手技が先行している印象があります

ここで当院の発作性及び慢性/持続性心房細動に対するAblation Strategyを簡単に紹介したいと思います

写真は手元にいいのがなかったので、ちょっと分かりにくいですが上図が左心房のAP-Viewで下図が右心房のLAO-Viewになります(本当は肺静脈周囲線状焼灼が完成した図を載せたかったのですが)

【発作性心房細動(Paf)に対するAblation Strategy】
1.CSへ1本、左房へ2本のシースを導入
2.CARTO mergeで左房のCTをベースに使用
3.洞調律もしくは心房細動中にLASSO非ガイド化下に1本のイリゲーションカテーテルのみで肺静脈周囲解剖学的円周状焼灼
4.LASSOカテーテルを挿入して、左房・肺静脈間電気的完全ブロックを作成
*心房細動誘発や、Line状焼灼は実施せず、2nd Session以降では考慮する
*1st Sessionの治療時間は2時間30分を越さない程度で終えている


【慢性・持続性心房細動(Caf)に対するAblation Strategy】
1.左房へ挿入前に上大静脈の高頻度興奮の有無評価(CS-RAカテーテル)
2.心房細動中の肺静脈周囲解剖学的円周状焼灼
3.左房roof-line線状焼灼
4.LASSOカテーテルを挿入して心房細動中の肺静脈電気的隔離(深追いせず)
5.CFAE(complex fractionated atrial electrogram)焼灼
6.DC
7.肺静脈隔離の確認
*5まで実施して心房細動が停止するのは約10%でDCで停止させる事がほとんど
*再誘発、Mitral IsthmusやCS-lineの焼灼は実施せず、2nd Session以降では考慮する
*1st Sessionの治療時間は約3時間程度で終えている

当院のCARTO-mergeの方法ですが
1.左心房-肺静脈移行部(当院ではLIPV1カ所)のmap pointを作成
2.左房後壁のおよそ30カ所のmap pointを作成
3.LIVP 1pointを用いてvisual alignmentを実施
4.さらに、全map pointを用いたsurface registrationを実施
5.registration後のmap pointとCTで作成したLA imageとの誤差を比較し、誤差が大きいmap pointは削除し再度surface registrationを実施⇒肺静脈周囲解剖学的円周状焼灼へ...

ちなみに当院の成績ですが、慢性・持続性心房細動の場合であっても約80%は洞調律が維持できいます
発作性心房細動に移行した症例も含めると約90%の症例は慢性・持続性の心房細動ではない状態にまでもっていけています

もちろん再発して2nd Session...という症例も決して少なくないのですが

再治療時の所見で多いのはやはり“肺静脈伝導再開”で、再度隔離のみ実施して終了しています

慢性・持続性心房細動のAblationでは肺静脈がしっかり左心房から隔離されているという事が非常に重要なのです
スポンサーサイト
  1. 2011/12/30(金) 15:49:45|
  2. EPS、RFCA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Ventilator Simulator | ホーム | FCCS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://victim305.blog.fc2.com/tb.php/33-09e8d4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。