FC2ブログ

臨床工学技士blog

臨床工学技士である管理者が、知識の整理も兼ねてですが、主に臨床工学に関する情報をアップしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Point of maximal compliance increase on the inflation limb


最近、集中ケア認定看護師学校に行っている看護師の方から“最近の人工呼​吸管理に疎くなってきているので、ちょっと教えてほしい事がる”​との事でメールで届いたとある質問。
“Pmci.iって何か教えてほしい”
自分も最近の人工呼吸管理に疎くなりつつあるので即答はできず.​..(汗)
“Pmci.iか~難しい事聞いてくるな~”なんて思いつつ仕方​なく過去の資料をあさる
(以下P.mci iの簡単な説明)
~CE-NETWORKより一部引用~
Pmci.i=Point of maximal compliance increase on the inflation limb
これはSlow Flow P-V loop計測で誰でも簡単に把握が可能。
Lower Infrection Pointとは異なる。Lower Infrection Pointはあくまで変曲点、Pmci.iはmaximal Complianceが得られる最少の圧。その物理的条件下で開​くことの出来る肺胞がすべて開いた位置がPmci.iとなる。

要はPmci.i=BestなPEEP設定値と言えるのだが...
肺に問題がないCaseでもPmci.iは12~15cmH2O​なのでP.mci i=High PEEPだという概念が医師にはあるだろう...そもそもP.m​ci iなんて用語すら知らないと思うが...いまだにVolume Tergetで管理し​ている施設も多い訳だし...Pressure Control VentilationでGraphicsを見て細かい設定を煮詰めていく事、もちろんAirway Pressure Release VentilationやRecruitment Maneuverなんて言葉すら知らないだろう...(愚痴)

いずれにしてもPmci.iが高いPEEPではなく、それまでの​物理的開通をしていなかったPEEP設定が低すぎただけのこと。

本当に日本の人工呼吸療法誤った経験則で満ち溢れている...
そして施設間で雲泥の差がある...

我々、臨床工学技士がもっと人工呼吸の“臨床”に関わる事ができれば日​本の人工呼吸療法は変わっていくだろう...
スポンサーサイト
  1. 2011/11/13(日) 16:18:34|
  2. 人工呼吸療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<喜八のネギ味噌チャーシュー | ホーム | Chronotropic Incompetence>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://victim305.blog.fc2.com/tb.php/2-193d11c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。