FC2ブログ

臨床工学技士blog

臨床工学技士である管理者が、知識の整理も兼ねてですが、主に臨床工学に関する情報をアップしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PaCO2=65mmHg


とある人工呼吸セミナーでの一コマ
ザックリいきますので細かい部分は気にしないで下さい
人工呼吸管理中のとある患者さんのBGA date


PH 7.36
HCO3- 34
PaCO2 65


PH7.36は正常範囲ギリギリ
酸であるCO2が高値を示しているのが
代謝性代償でHCO3-が高値となっておりPHは正常範囲に維持されている
この場合はPaCO2を正常範囲にもっていくのではなくある程度高値でcontrolする


PH 7.20
HCO3- 28
PaCO2 65


PH7.20はAcidosis
酸であるCO2が高値を示しているので呼吸性Acidosis
この場合は分時換気量を上げてPaCO2を下げる

さて、次は...


PH 7.48
HCO3- 45
PaCO2 65


PaCO2は高値を示していますね

皆さんだったらどうしますか?

一回換気量もしくは呼吸回数を上げてPaCO2を下げますか?

この場合は代謝性Alkalosisの呼吸性代償なのでPaCO2が高値を示していても様子を見るべきです

PaCO2だけに注目して分時換気量を稼ごうとするとPH7.5↑となり危険な状態を招きかねません

PaCO2が同じ65mmHgであってもいろいろ考えないといけませんね

まとめると


重要なのはPHであって我々はPH7.4のホメオスタシスを維持する為のPaCO2を呼吸でcontrolしている


と言えます

必ずしもPaCO2は正常範囲にもっていく必要性はないという事ですね







スポンサーサイト
  1. 2011/11/23(水) 08:50:44|
  2. 技士会・学会・セミナー・勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グルメツアー | ホーム | アラーム対処>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://victim305.blog.fc2.com/tb.php/17-5a348857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。